×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人前で自信を持って話す

スピーチのしきたり、マナーについて

■まずスピーチとは何だろう?
いまや、人前で話しのできないような人は世の中に通用しない、と言われる時代です。
各種の儀式やパーティー、会合など、人が集まるところでは、大勢の人が発言し、
みんなが耳を傾けています。
自分には関係ないからいいやでは、すまなくなってきたので、準備のつもりこのサイトにまとめました。

何かの行事に参加して、人前でスピーチをする場合は、「なんでもいいからしゃべればいい」というもの
ではありません。スピーチには、昔から一定のしきたりやママーがあります。
儀式には、その種類や内容にふさわしい話し方の慣例(しきたり)があり、人を不快にさせないよう話をする
のがマナーの基本なのです。

厳粛な式典では決まり文句がものを言う

しきたりに即してしっかりした話をするには、いわゆる“決まり文句”を身につければればよい。
■決まり文句って?
「皆さま、本日はご多忙のところ・・・」とか「遠路を多数お運びくださいまして・・・」などの切り出しや
「カンタンではございますが、以上をもってあいさつといたします」とか「これをもって、私の祝辞
とさせていただきます」
などといった締めくくり、これも決まり文句です。
 なにごとにつけ、新鮮な感覚がもてはやされる昨今ですが、厳粛にとり行われる式典などでは、
このような型にはまった表現が重んじられています。

スピーチの型について

話の内容をまとめる場合は、文章を書くのと同じように、起承転結や序破急の型を利用すると
聞き手に理解されやすく、飽きないスピーチになります。
 起承転結は、はじめの部分、それを引き継ぐ部分、飛躍をはkる部分、結びの部分の4つに
分けて話をまとめる型です。
 序破急は、話の導入部分、それを急転回させて話を発展させる部分、さらに、その内容が
クライマックスに達したところでスパッと話を切る型です。
 この両方の型を覚え、時と場合によって使い分けができれば、すばらしい巧みな話術が
できます。