×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

見合い・結納・結婚式披露宴のスピーチ集

新郎の謝辞

■新郎の謝辞1
皆さま、本日はご多忙のなかを、私どものためにこのように多数お運びくださいまして、ありがとうございました。
 ちょうだいいたしましたお言葉のかずかず、深く心に刻み、ご厚情におこたえできるよう努力してまいります。
 なにぶん未熟な二人でございますが、明るい、よい家庭を営むように心がけます。どうぞ末永くご指導ご鞭撻たまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。
 皆さまのご健康とご幸福をお祈り申し上げ、二人のお礼のごあいさつとさせていただきます。
■新郎の謝辞2
皆さま、本日はほんとうにありがとうございました。
 このように、なごやかな結婚式を行うことができましたのも、ひとえに皆さま方のおかげです。深く感謝いたします。
 ごらんおとおりの未熟な二人でございますが、皆さまからたまわりました数々のお言葉を胸に、きょうからは二人で協力し合い、少しでも理想に近い家庭を建設することが、皆さまのご好意におこたえすることだと思います。
 心からお礼申し上げますとともに、どうか今後ともよろしくご支援のほどお願い申し上げます。

新郎新婦の謝辞

新郎
「×××××でございます」
新婦
「本日より×××××となります」
新郎
「先ほどはたくさんのお祝いのお言葉や、励ましのお言葉、身にあまる光栄と存じます。ありがたくお受けいたしました。心に深く銘じ、皆さまのご期待に添うよう、本日のご列席を深く感謝し、努力いたす覚悟でございますが、二人ともごらんのとおりの未熟ものでございます。今後ともどうぞよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。まことに簡単でございますが、私どものごあいさつとさせていただきます。」
新郎新婦
「ありがとうございました。よろしくお願い申し上げます」

晩婚の新郎新婦のあいさつ

新郎
「皆さま、本日はご多用のところお繰りあわせくださいましてご出席をいただき、厚く御礼申し上げます。
 おかげをもちまして、結婚式もとどこおりなくすみました。そのうえ、身にあまるご祝辞をいただくことができましたこと、心から感謝申し上げます。
 いささか遅い出発ですが、残りものに福と申します。まったくそのとおりだったと皆さまにご安心いただけますよう、二人とも助け合い、ともに人生をどこまでも一所懸命歩んでいこう、と決意いたしております。
 どうぞこのうえも、よろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。簡単でございますが、私どものお礼のごあいさつとさせていただきます」
新郎新婦
「ありがとうございました」

再婚の新郎新婦のあいさつ

新郎
「本日は、私どもの新しい人生の門出をご祝福くださいまして、ほんとうにありがとうございました」
新婦
「温かいお心のこもった、たくさんのお祝いのお言葉、新しい力と勇気を与えてくださった励ましのお言葉、ほんとうにありがとうございました。心から感謝申し上げます」
新郎
「私たち二人は、本日ただいまより、まったく新たな気持ちで、明るい家庭を築く努力をし、希望に満ちた人生を共に過ごしてまいりたいと存じます。
 至らぬ点も多いと存じます。今後ともよろしくご指導のほどをお願い申し上げます。はなはな簡単ではございますが、私たちのお礼ならびにごあいさつとさせていただきます」新郎新婦
「本日はありがとうございました」

新郎の父親としての謝辞

■新郎の父親としての謝辞1
皆さま、本日はお忙しい中をこのように多数ご列席をいただきまして、まことにありがとうございました。
 新郎の父親として、両家を代表いたしまして、ひとことごあいさつ申し上げます。
 このたびは、×××××さまご夫妻のご媒酌により、×××××と×××××両名の結婚式をとどこおりなくあげることができました。厚くお礼申し上げます。
 また、先ほどは皆さまからの身にあまるおほめの言葉、お祝辞のかずかずをちょうだいいたしまして、ありがとうございます。
 さて、本日より夫婦となります両名ですが、まだ年も若く、皆さまのご支援なくしては一人前に世帯を張っていくことは難しいと存じます。
 なにとぞ今後ともご指導ご鞭撻をたまわりますようお願い申し上げます。
 はなはな簡単でございますが、両家を代表し、ひとこと御礼とごあいさつ、お願いを申し上げる次第でございます。
■新郎の父親としての謝辞2
私は、新郎の父、×××××でございます。
本日は、×××と×××のために、お忙しい中をわざわざおいでくださいまして、まことにありがとうございました。×××・×××両家を代表しまして、厚く御礼申し上げます。
 さて、ご媒酌の労をおとりくださいました池内さま、これで無事、結婚の儀もととのいました。深く深く感謝いたします。
 また、多数の皆さまには、お祝辞や励ましのお言葉をいただきまして、ほんとうにありがとうございました。
 ご覧のとおり、二人ともまだ若輩でございます。至らぬところも多いかと存じます。今後ともなにとぞご指導くださいますよう、くれぐれもお願い申し上げます。
 本日は、皆さまのご厚情におこたえするには、いささか粗酒・粗肴で、また行き届かない点も多かったことと存じますが、なにとぞご寛容のほどをお願い申し上げます。
 はなはだ簡単でございますが、これをもちまして、私どものごあいさつとさせていただきます。本日は、まことにありがとうございました。

新郎の親代わりとしての謝辞

本日は、ご多忙中をこのように多数ご出席くださいまして、厚く御礼申し上げます。
 とりわけ、媒酌の労をお取りくださいました×××さまご夫妻、ほんとうにありがとうございました。
 私は新郎の叔父で、×××××と申します。新郎×××の親代わりといたしまして、ひとことごあいさつさせていただきます。
 ×××は小学校4年生のときに父を失いました。その後、叔父の私が面倒をみてまいりましたが、おかげさまで、このたべこのようなすばらしい花嫁さんを迎えることができまして、私といたしましても、心から喜んでおります。
 また、本日はこの二人の新しい人生の門出にあたり、皆さまからありがたい教えやお祝辞をいただきまして、両人も深く心に銘じて、これからの結婚生活の指針といたすことと存じます。
 まだ未熟な二人でございますので、今後も、どうぞ皆さまのご指導をいただきたく私からお願い申し上げる次第でございます。
 本日は、まことにありがとうございました。

親族代表としての一般的なあいさつ

■親族代表としての一般的なあいさつ1
皆さま、ご多忙中のところを遠路お出かけくださいまして、ありがとうございます。両家を代表いたしまして厚くお礼申し上げます。
 先ほどより、皆さま方からご親身なご教訓、ご丁重なお祝辞をちょうだいいたしまして、両家はもとより、親族一同身にあまる光栄でございます。
 両名も皆さまからのお心のこもったお言葉を胸に、今後、力を合わせてやってまいることと存じます。
 なにぶん、まだ未熟でございますので、皆さまのご指導、ご助力をお願い申し上げる次第でございます。まことにありがとうございました。
■親族代表としての一般的なあいさつ2
本日は、いろいろとお忙しい中、このように多数ご列席いただきましたこと、感謝申し上げますとともに、厚くお礼申し上げます。
 また、かずかずのお心のこもったお祝いのお言葉や励ましのお言葉をたまわりまして、両人はじめ、私ども親族一同、大変感激いたしております。
 若い二人はまだまだ世なれておりませんので、今後とも、皆さま方のご指導、ご支援を仰がねばならないことが多いと存じます。
 ふつつかな二人ではございますが、どうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。
 本日は、まことにありがとうございました。
■親族代表としての一般的なあいさつ3
皆さま、本日はまことにありがとうございました。皆さまのご厚情に、両家親族一同を代表しまして、心より御礼申し上げます。
 今後とも、若い両人をどうかよろしくお願い申し上げます。
×××さん、×××さん、皆さま、本日はおめでとうございます。ただいまご紹介にあずかりました×××××と申します。×××総合病院外科で、×××さんとご一緒に仕事をさせていただいている者でございます。
 ご承知のことと存じますが、看護士の仕事には夜勤や早朝出勤がございます。しかし、どんなに疲れても不機嫌な顔はできません。
 患者さんには、いつも笑顔で接するのが私たちの務めであります。その点、新婦の×××さんは、模範的な存在でいらっしゃいます。新米の看護士さんには、×××さんを見習うよう申しています。
 家庭と仕事の両立は、女性にとって大変なことと思いますが、×××さんなら立派におできになると思います。
 お幸せをお祈り申し上げます。楽しい旅行をしてください。おめでとうございます。