×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人前で自信を持って話す

でまかせの話は不謹慎

■必ず草稿を作ろう
スピーチではたくさんの見知らぬ人が聞き手です。
話し手は、しっかりした文脈で、一語一語を大切に話さなければなりません。

そのためには、スピーチをする前に必ず草稿を作っておくことが必要になります。
草稿というのは、下書きのことです。さっと一度書いただけではまず、満足のいく文章にはなっていません。
文章には、推敲が必要です。文書を何度も読み直して、気に入らない箇所を削ったり、
言葉を付け加えたりして完成度を高く工夫する作業が推敲です。

自分に与えられる時間を考える

草稿をつくるときは、話の内容と同時に、長さが重要!
どのくらいの時間が自分に与えられるかを確認。

テープに吹き込んで聞いてみる

草稿ができあがったら、一度、声を出して読む!
録音して、自分の耳で確認すれば、草稿の記憶もできる。